日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

最新の「Helo」を販売する「World」ってどんな会社?

ワールドグローバルネットワーク

最新の「Helo」を販売する「World」ってどんな会社?

ワールドってどんな会社なの?

ワールドの社長はどんな人?

ワールド・グローバル・ネットワーク社の社長は
FABIO GALDI(ファビオガルディ)
という人です。

彼は1994年にヨーロッパ5位のインタネット
プロバイダ―の会社を設立しています。

さらに2002年には みんな使っている
スマホのタッチパネルの一つを
世界ではじめてだした方なんです。

そして2011年にワールド社を設立しました。

ワールド社の親会社はどんな会社?

ワールド社の親会社は
ワールドメディアテクノロジーという会社です。
研究・開発・製造を行っているメーカーです。
ナスダックのOTCマーケットに店頭公開しています。

本社は アメリカ フロリダのマイアミにあります。

その販売会社が
ワールドグローバルネットワーク社になり
MLM(ネットワーク)により販売しています。

ワールド社について

ファビオ社長がこの会社を設立した理由とは?

ファビオ社長の考えとしては・・・

この数年後には スマホは なくなっていくだろうと
考えられたのです。

スマホから、アップルウォッチのように
持つスマホから、 
身に着けるコンピューター(ウェアラブル)
に変わっていくことを考え
ウェアラブルという市場にでたのです。

現在はどんな感じなの?

2011年に会社がオープンし、
5年で世界のネットワークの中の ランキング77位に
なりました。

今、ファビオ社長が目指しているのは
2020年にネットワークの中でトップ10です!!

創業して5年、その顧客数は
70万人を越えています。

売り上げも 2015年は 157億円!
2016年は、倍以上の319億円売り上げています。


急激に伸びている会社です!


株式についても、まだ一般向け公開ではないものの
2016年3月 44円だったんですが
2017年2月には 1500円~1800円に上がっています。

ですが 一時期は最高値$24ということもあり、
ファビオ社長は ナスダック上場時には
$60を目指していると 言われています。

アメリカの経済誌「フォーブス」にも掲載されたこととは?

ファビオ社長が考えるように

アメリカの経済誌「Forbes」や
世界の経済新聞「ウォール・ストリート・ジャーナル」にも

「これから、ウェアラブル(身に付けるコンピューター)の
世界市場がやってくる!!」

と掲載されているそうです。

実際には ウェアラブルと言われるものは
(アップルウォッチなど他社も含めて)

2013年 800万台 だったものが
2015年 8000万台、10倍になり
2016年 1億台 と急激に 増えてきています。

アメリカの経済誌フォーブスも・・

2020年には 3兆4000億円の規模になると
資産を出しているそうです。


そこで、ワールド社は、このウェアラブルの
市場のうち、2000億~2400億を取ろうと
動いているそうです。

日本ではどうでしょうか?

日本においても、ウェアラブルの需要は
どんどん拡大しています。

2013年 53万台 程度だったのが1年後
2014年 1年で約5倍になっています。
このままいけば
2017年には、1000万台を超えると
言われているんです。

これから どのような市場が待っているか
想像できますね! 

ワールド社が 「Helo」をMLM(ネットワークビジネス)で販売する理由は?

この ウェアラブルの市場がこれから
どのような市場展開してくかは
想像がついたことでしょう。

でも これを ネットワークビジネスに
するメリットは 何なのでしょうか?

それは・・・

沢山のネットワークビジネスの会社が
あります。

サプリメント・水・化粧品 etsなど
類似品が多いなか、

MLMの中に、
テクノロジーの会社は 一つもないんです。

他社よりも 機能が優れ、健康に特化した
最高最新のウェアラブルデバイス「HeloLX」を
購入するには ワールドからでないと
購入できないということです。

ここに
大きな市場、大きなビジネスチャンスが
あるというわけです。

1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • カルグルト
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!